« 大宮公園のサクラ | トップページ | 日曜日は、日光浴の日 »

2009年4月 4日 (土)

『新宿駅最後の小さなお店ベルク』

赤坂見附へ通勤していたとき、新宿駅で
JR線から地下鉄丸ノ内線へ
ベルクの脇を通って乗り換えていました。


『新宿駅最後の小さなお店ベルク』
井野朋也 著



早朝から、お弁当を
店頭で売っているのが印象的で
一度入ってみたいな、と気になるモノの
外観から、なんだか大人の雰囲気が漂っているので
未だ入れず仕舞い......。

そんなお店が今、ビルから
立ち退きを迫られているとは知りませんでした。

小さいけれど、人気があるお店は
企業努力という名の経営哲学によって成立していることが
本書を読むにつれ、理解が深まります。

お客様のため、喜んでもらうため
という、しごく当たり前のことを体現している非凡なお店は
これからも残り続けるお店であって欲しいですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

|

« 大宮公園のサクラ | トップページ | 日曜日は、日光浴の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/28966840

この記事へのトラックバック一覧です: 『新宿駅最後の小さなお店ベルク』:

« 大宮公園のサクラ | トップページ | 日曜日は、日光浴の日 »