« 「派遣のオスカル」 | トップページ | ホンダ「U3-X」という試作機 »

2009年9月26日 (土)

カーシェアリングへ参入する企業の布陣

最近、カーシェアリング事業へ
参入する企業が増えているように感じます。

しかも、一見すると異業種に思える企業の参入は
導入期の陣取りのように伺えます。


『急速に伸びるカーシェアリング様々な業種から参入相次ぐ』
  ECO JAPAN(2009年7月23日)

 

『ガリバーとレオパレスが提携、国内最大級のカーシェアリング事業を展開』
  日経トレンディネット(2009年09月08日)

 

『コンビニ店舗を活用したカーシェアリングサービスが10月スタート』
  日経トレンディネット(2009年09月15日)

 

『カーシェアリング:ミニストップとスリーエフが開始』
  毎日新聞(2009年9月15日19時18分)

 

今朝のNHK番組「経済ワイドビジョンe」の中でも
その概要が解説されていました。

最低、6時間から利用できるレンタカーと異なり
もっと短く、15~20分単位で利用できるのが
カーシェアリングの特徴だそうです。

確かに、家計や企業としては
昨今の不況から、自動車の維持費を抑えるため
こうした仕組みが、手軽に利用できると
消費者ニーズに合っていると言えるでしょう。

さらに、所有欲を満たすアイテムとしての売り方も
若い世代には、受け入れられなくなっているようですから
使う頻度に応じた供給が、一つのインフラとして
今後、自動車業界に求められてくるのかも知れません。

温室効果ガスの抑制に、一役買うとの見方もあるようですが
自動車自体の利用が減らないことには
この想定は現実にならないような気がしています。

利用者にとって、コストも抑えられ
環境にも貢献できるというベネフィットが提供できると
より購買意欲につながると思いますので
電気自動車や、ハイブリッドカーを
シェアリングができるよう配備してはいかがかと......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

|

« 「派遣のオスカル」 | トップページ | ホンダ「U3-X」という試作機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/31527041

この記事へのトラックバック一覧です: カーシェアリングへ参入する企業の布陣:

« 「派遣のオスカル」 | トップページ | ホンダ「U3-X」という試作機 »