« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月27日 (火)

海上自衛隊の護衛艦「くらま」が衝突

一体、何が起こったというのでしょうか?


『護衛艦と韓国籍民間船が衝突炎上 関門海峡』
  izaニュース(2009年10月27日20時49分)


『防衛相「原因まだ分からない」 護衛艦衝突』
  izaニュース(2009年10月27日21時04分)


『海自護衛艦「くらま」、商船と衝突 関門海峡、3人負傷』
  日本経済新聞(2009年10月27日22時17分)


『電話鳴りっぱなしの防衛省 張りつめた空気』
  izaニュース(2009年10月27日22時25分)


『海自護衛艦とコンテナ船が衝突、双方炎上 関門海峡』
  朝日新聞(2009年10月27日22時36分)


『海自護衛艦衝突:関門海峡で韓国コンテナ船と 両船から炎』
  毎日新聞(2009年10月27日23時07分)


狭い関門海峡とはいえ
どうも、船首同士の衝突らしいではないですか。

速報ベースでしか情報が無い状態なのは
まだ、情報を汲み取れていないのでしょう。

まさか、数日前に観艦式に参加していた海自の護衛艦が
このようなことになるとは......。

続報を待ちたいと思います。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡るアホウドリ

アホウドリって、渡るんですね......。

知りませんでした。


『アホウドリ:小笠原で巣立ち→5カ月後サンフランシスコ沖』
  毎日新聞(2009年10月26日20時51分)


『聟島に移送したアホウドリのサンフランシスコ沖到達が確認される』
  EICネット(2009年10月26日)


『小笠原巣立ったアホウドリ、サンフランシスコ沖に』
  朝日新聞(2009年10月27日5時41分)


そもそもの営巣地である鳥島が
火山噴火の恐れがあるため
人工的に、繁殖地を聟島に移したのでした。

衛生発信器は、このときのヒナに装着し
行き先が明らかになったわけです。

アホウドリは、その羽毛を目当てとする
乱獲の影響から、絶滅の危機に瀕しています。

聟島への移行も、絶滅を回避するための方策というわけです。

また元気に、戻ってきて欲しいですね。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

京浜東北線は朝から

人身事故の影響で
大宮から赤羽の間で運転を見合せています。

運転再開は6時15分頃だとか。

その後も運転時刻に影響が出そうですね。

ご注意を。

宇都宮線や高崎線等は、通常通り動いていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

主催した勉強会は......

人生初、主催の勉強会が終わりました。

それなりに準備をしたつもりでしたけど
やっぱり、シナリオ通りには進まないもので
用意したセリフが出てこないんですねぇ
いざ、本番になると......。

生徒は上質なので、それに助けられている感じでした。

反省点を直ちにアップデートしないと!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

まさか、こんな時季に?

091023_122302 カマキリです。

うちの庭で、外壁にしがみついていました。

まさか、こんな時季に
お目にかかれるとは思っていなかったので
顔の辺りが、ピンぼけしてしますが......。

夏は緑色の彼(彼女?)ですが
この時季は、こんなに深い茶色になるんですね。

知りませんでした。

カマの内側には、紫がかった模様のようになっていますが
夏場は、どんな模様でしたっけ?

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

AmazonのKindle

コンテンツを有する企業などは
この次世代型の媒体を
積極的に活用してみても良いのではないかと思います。


『アマゾン、「Kindle for PC」アプリケーションを11月に公開へ』
  CNET Japan(2009年10月23日11時03分)


『届いた!開けた!--日本から注文した「Amazon Kindle 2」開封の儀』
  CNET Japan(2009年10月23日12時49分)


Amazonが開発したKindle。

端末としてのKindleだけでなく
すでに、iPhoneアプリとして提供され
11月にはWindows版も提供される予定だとか。

USのAmazonでのみ販売されているようで
コンテンツも、英語が中心となりますが
逆に言えば、日本のコンテンツを
世界に浸透させるチャンスでもあると思うのです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7へ乗り換えるには

個人的には、冷めた目で見ていますが
やはり、売れているようですし
Vistaからの乗り換えメリットも大きそうですね。


『XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル』
  @IT(2009年9月24日)


『Windows 7 これさえ見れば全部わかる!』
  ASCII.jp(2009年10月22日 16時09分更新)


『ウィンドウズ7 CEO「より簡単に、より速く」』
  朝日新聞(2009年10月23日10時48分)


『Windows7購入に関して知っておくべき7つのポイント』
  WIRED VISION(2009年10月23日)


『グーグルのOSなんて怖くない--Windows 7に自信を見せるマイクロソフト』
  CNET Japan(2009年10月23日12時49分)


Windows7への期待......というよりも
Vistaの完成度が、あまりにも低かったため
移行せざるを得ないというのが
本音ではないかと勘ぐってしまうのは
Vista被害者の私だけでしょうか??

さて、Windows7への移行は、Vistaからは
直接アップデートできるものの
XPからは、一度フォーマットをした後に
Windows7をインストールする必要があるとか。
法人ユーザの多くは
まだ、XPを使っているのではないかと思います。

既存システムや、取引先とのデータ互換
さらには移行コスト、リスク評価を考えると
積極果敢な企業でなければ、現状の経済情勢を鑑みても
今すぐの乗り換えは避けるというのが人情でしょう。

3Dの動作が速いのは結構ですが
起動も速いと言うことのないOSなんでしょうけど......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

観ました!オリオン座流星群 

つい先ほどまで、3時から4時の間
近所で、オリオン座流星群を観測していました。


『オリオン座流星群ピーク 1時間に50個の流れ星も』
  朝日新聞(2009年10月20日16時11分)


『オリオン座流星群:23日までピーク 1時間50個も?』
  毎日新聞(2009年10月18日20時31分)


およそ1時間で、5つほど
流れ星を見ることができました!!

スーッと流れるようなものもあれば
フラッシュのように光って消えていくものもあって
なかなか楽しめました。

さすがに、広く関心が高いのか
昨晩から国立天文台のホームページが
アクセスしにくくなってますねぇ。

しかしながら、ピークといわれる日時に
5つの流星しか見られないというのは
逆に、少ないようにも思います。

住宅街ということもあって
街灯の明かりが相当、邪魔になっていたのは
間違いありません。

星空が、きれいに見えることこそ
本当の豊かさなのでは?
――と感じる、素人観測でした。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

Windows7にするか、Snow Leopardにするか

明日、10月22日のWindows7発売を前に
Appleが、4モデルの新製品をぶつけてきましたね。


『Want To Run Windows 7? Buy A Mac』
  Forbes.com(2009年10月20日17時30分)


『Windows 7は何がよいのか? 』
  ASCII.jp (2009年10月21日06時00分)


『「Windows 7」VS「Snow Leopard」パフォーマンス比較--新OS対決を制したのは』
  CNET Japan (2009年10月21日07時30分)


『iMac、MacBook、Mac mini これが冬商戦Macだ』
  ASCII.jp (2009年10月21日12時16分)


それぞれのOSをベンチマークで比較している
記事によれば、3Dに関する性能は
Windows7の方が、Snow Leopardよりも
上回る結果が出ています。

一方、起動速度やバッテリ持続時間については
Snow Leopardが優勢のようです。

しかし、Vistaに泣かされたユーザとしては
あながち簡単に、Windows7へ
乗り換える気にもなれないんですよねぇ。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

JALは国有化となるのか?

この状態だと、実質国有化(公的資金投入)も
まんざらでは無さそう......と思っていたら
案の定というニュースです。


『JAL、「いきなりの実質債務超過」の波紋』
  日経ビジネスオンライン(2009年10月20日)


『日航:再建問題で財務相と国交相が会談』
  毎日新聞(2009年10月20日13時13分)


『日航再建策「数日中に決着」 財務・国交相会談、公的資金が焦点に』
  日本経済新聞(2009年10月20日12時38分)


『日航支援へ公的資金検討 国交相と財務相が会談』
  朝日新聞(2009年10月20日15時00分)


ちなみに、JAL再生タスクフォースの
中核メンバである冨山さんは
著作『会社は頭から腐る』の中で
「腐敗」を防ぐ措置を予防医学になぞらえ
いかに、企業としてのガバナンス(仕組み)が
重要であるかを説いていました。

JALに再生タスクフォースが送り込まれるとの
報道を耳にしたとき、この著作がよぎり
「あの冨山さんのような人が乗り込むのね」と
思っていたら、なんと
ご本人が登板されていたというわけです。

それだけ手腕のある方は
業界広しといえど、滅多にいないのでしょうね。

最近、マイル目当てに
JALカード(クレジットカード)を
作ったばかりという会社の同僚は
ひどく、昨今のニュースを気にしている様子。

これまで、いかにお粗末な航空行政であったかを
認識する格好のケーススタディであると同時に
それを受け手の行動派、未来を占う布石でもあります。

是非とも、過ちのない措置を願いたいものです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

今度は、ミナミマグロ

クロマグロに続いて、ミナミマグロも......?


『ミナミマグロ:漁獲枠削減巡り議論…20日から国際会合』
  毎日新聞(2009年10月19日19時00分)


日本では、ミナミマグロの消費は
低迷しているようで、仮に漁獲枠が削減されたとしても
価格が急騰することは無さそうだということです。

しかし、つくづく市場は
天然資源に依存しているのだと感じます。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

一人で組み立て

先日、ニトリで買った本棚(巾116×奥行029×高さ180cm)
が届きましたので組み立ててみました。

一人で、開梱から所定の位置に設置するまで
およそ3時間。

予想通り、大変な作業......。

もちろん、一人で
できないわけではありませんが
重量もありますし、ネジ留めの箇所も多いですから
マニュアル通り、二人以上で
組み立てを行うことをお勧めします。

そこから、本を系統ごとに分別して
詰めていくのに、さらに4時間を要しました。

091018_184801

早くも、8割以上のスペースが埋まっています。

それらの本が、これまで
どうなっていたのかは......秘密です。

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のオリオン座流星群は......

ピークは10月21日の23時頃といわれていますが
近年では、よく見える流星群として注目されており
月明かりの影響を受けない、好条件が重なることから
その前後の日程でも、大いに期待できるのでは??


『次回は70年後? 活発な出現が予想されるオリオン座流星群』
  国立天文台(2009年10月14日)


『オリオン座流星群が極大』
  AstroArts(2009年10月21日)


国立天文台では、活発に活動されると予想される
10月19日の夜から23日朝までの4日間
「見えるかな?オリオン座流星群」という
いつもの観察キャンペーンを実施するそうです。

つまり、明日の夜から。

オリオン座流星群の活発化は
ほぼ、70年周期で起きているそうです。

今年を逃すと、2070年代まで
待たなければならないと聞けば
なんとしても、見るしかない
天体ショーであることが伺えますね。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業文化を新たに作り替えることは可能なのか

9月末には、事故調作成の報告書が
JR西日本側に漏洩していた事実を受け
前原国交相から、改善策の
報告命令が出されているものの
未だ、経過報告すら出ていないようです。

一方で、捜査対策マニュアルを作成し
社内で口裏合わせをしていたとの疑いも
明るみに出ており、JR西日本の一連の対応に
改めて、当時の被害者をはじめ
日常的な利用客は、どう感じているのでしょう。


『JR西報告漏洩 あってはならない癒着だ』
  izaニュース(2009年9月27日08時14分)


『誤った企業努力、主導権争い…JR西漏洩』
  izaニュース(2009年10月3日20時35分)


『JR西、事故調委聴取会の公述人に介入 宝塚線事故』
  朝日新聞(2009年10月15日12時17分)


『尼崎脱線、JR西が意見聴取会に介入 公述内容変更など依頼 』
  日本経済新聞(2009年10月15日13時00分)


『福知山線脱線:JR西、4人に公述人依頼 発言修正も要求』
  毎日新聞(2009年10月15日13時03分)


『遺族ら「事故の傷えぐられた」 JR西おわびの会』
  izaニュース(2009年10月17日12時16分)


『福知山線脱線:JR西、聴取前に社員に内部資料提示』
  毎日新聞(2009年10月17日15時0分)


『JR西、取り調べ対象社員に資料配布 口裏合わせの疑い』
  朝日新聞(2009年10月17日15時02分)


『退任否定から一転、進退伺 JR西・山崎前社長』
  izaニュース(2009年10月18日00時32分)


『JR西へ厳しい声「口先だけの謝罪や言い訳は響かない」』
  朝日新聞(2009年10月18日00時50分)


『福知山線事故:JR西の副社長ら辞任へ 漏えい問題などで』
  毎日新聞(2009年10月18日02時30分)


私は、一貫して自社や自己の利益にしか
視野が向いていないJR西日本の行動に
怒りを通り越して、あきれるばかりです。

企業として、社会にありながらも
社会に対して背信的な行為を進め
それを疑わない企業文化には、恐ろしさすら感じます。

福知山線脱線事故は、2005年に起こった惨事。

それは、まだ終わっていないのです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

ゴールは現状の外側に設定!

新宿の紀伊國屋書店で行われた
機能脳科学者、苫米地英人さんの
出版記念講演に行ってきました。

先日出版された『まずは親を超えなさい!』の
記念講演だったのですが、開口一番
今日のテーマは、この本とは関係ない
......という苫米地さんのお言葉に
早くも、会場が笑いに包まれました。

これまで、音声やDVDで
苫米地さんの講演やセミナーを見聞きしてきましたが
実際、ご本人を生で見るのは初めて。

小声で、難しい話をされる方
......という印象だったのに
終始、笑顔でユーモア(と告知)を交えながらの講演に
さらに好感が持てました。

スコトーマ、臨場感空間、ブリーフシステム、情動記憶、抽象度
――など、普通に用いられた言葉だけ見ると
著作を読まれていない方には
かなり、ハードルの高い内容だったはず。

しかし、この講演の入場券が
発売後、数時間で完売したことを考えると
それだけ、熱心な読者が集まっているわけですから
たいしたハードルではなく
私などは、むしろ心地よい濃度に感じました。

『夢が勝手にかなう手帳2010』の裏技まで教わり
個人的には、この手帳が
一般的なスケジュール管理向けに作られていないことを
改めて、確信しました。

今日のテーマである「とんでもない決断」
早速、設定させていただきました。

不思議なもので、設定した途端に
ワクワクしてきますね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月16日 (金)

東京佼成ウインドオーケストラ 第102回定期演奏会

今年も、佼成ウインドオーケストラの
定演の季節がやってきました。

今回の楽曲は全て、フランスが生んだ作曲家
ゴセック、ラヴェル、ベルリオーズの楽曲に加え
全て管弦楽の楽曲を、吹奏楽に編曲しての演奏でした。

中でも目玉......と思っていたのは
ベルリオーズ作曲の幻想交響曲。

期待にそぐわぬ、というよりも
それ以上の演奏と演出で
やっぱり吹奏楽は、佼成ウインドだなと
改めて、確信した次第です!!

今回の演奏会のテーマは「色彩の魔術師」。

まさに、作曲家はもちろん
指揮者や演奏家が加わることで
素晴らしい魔法をかけてくれることを
実感させていただきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

旧友と

旧友と
大宮駅で出会いました。

お互い、10年振りくらいですが
変わっていなくて、何より。

あの頃と変わらず、言いたいことを言うリスクを恐れないで欲しいと思います。

ありがとう。

これからも、幸多きことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

悲しいお知らせ......

日常的に使っていた近所のスーパーが
不況の影響から、今月末で閉店となるそうです。

確か、私が子供の頃から営業していたお店。

かなり頑張っていたと思うのですが
不況といえ、あまりにも寂しい話です。

きっと、1年くらい前から耐えてきたんでしょうね。

大手だって、大変なんですから。


『格安PBは長続きしない
 ブームの去った後には下請けメーカーが死屍累々』
  日経ビジネスオンライン (2009年10月13日)


『「バブル崩壊時より厳しい」 百貨店3社、大幅な減益』
  朝日新聞 (2009年10月13日21時5分)


楽観的な見方もあるようですが
この景気の停滞感が長引けば
これまで、堪え忍んできた中小企業が
次々と限界に達するのではないかという不安がよぎります。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

高パフォ-マンスな収益を得るために

「Harvard Business Review」で掲載された論文を
一つのコンセプトを通して選りすぐった
いわば、アーカイブ版。



『いかにサービスを収益化するか』
  ダイヤモンド・ハ-バ-ド・ビジネス編集部 編



中でも、組織の活性化について
米国の海兵隊のモデルを
企業でも活用すべきとする主張には
驚きと発見がありました。

組織に対して、高い忠誠心と帰属意識を維持し
誰もがリーダーとして、高いパフォーマンスを出せるよう
海兵隊では、教育体制が整備されているのだとか。

トップダウンの象徴とも言える
軍隊式のマネジメント手法が
まさか、活かせるものかと
高をくくっていましたが
大事なのは、エッセンスを受け入れることなのですね。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

iPhone3GSが欲しくなっています。

すでに、ユーザとなっている方からすれば
今さらかも知れませんが
最近、気になる存在......というよりも
かなり、購入意欲が高まっています。


『iPhoneとAndroid、どっちを使う?(続々々) 』
  ASCII.jp (2009年10月07日9時00分)


『楽しい使い方は現在模索中の「セカイカメラ」』
  ASCII.jp (2009年10月07日12時00分)


『自社コンテンツは「iPhone 3GS」ユーザーに届いていますか?』
  CNET Japan (2009年10月8日19時13日)


個人的に、いわゆる日本の「ケータイ」と
Webとの親和性について
疑問が解消されないままであったことが起因しています。

私は現在、Webベースで
メール、スケジュール管理
情報収集・発信などを行っています。

ケータイでも、上記のWebを
閲覧できる場合もあるのですが
あくまで、おまけの機能であって
使い勝手に優れず、一元管理しづらい
状況に、ストレスを感じていました。

iPhoneであれば、Webの活用を
そもそも想定しており
個々のアプリによって可用性を高め
だいぶ、そのプラットホームも整備が進んだようですので
購入を前向きに考えるようになっています。

もちろん、その他の拡張機能をもたらし
アプリが多いのも好印象です。
(この辺りの印象が、Androidとの違いではないかと)

auには、10年以上お世話になっていました。

キャリア主導の端末開発が
時代と、ユーザの要求に
応えられなくなってきたということかもしれません。

唯一、心配しているのは
iPhoneのキャリアが、ソフトバンクということで
......お願いします、としか言いようがありません。


『iPhone―携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。』
  アップル

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

カスペルスキーを使っています

そろそろ、セキュリティソフトの2010年版が
ラインナップされる時期となりましたね。


『3億人があなたを守る! カスペルスキー最新版の強みとは』
  ASCII.jp(2009年10月10日18時00分)


数年前から、自宅PCのセキュリティソフトは
このカスペルスキーを利用しています。

セキュリティソフトは、ややもすると
その機能性が、PC全体の動作を重くしてしまい
非常に、ストレスを感じていたところに
「更新頻度」と「軽さ」を売りに
ジャストシステムが、カスペルスキーを
市場に投入してきたため、使い始めたのでした。

さすがに、アップデート時や
スキャン実行時には、特有の重さを感じますが
通常、PCに向かっている最中は
その存在を意識することなく
快適に使わせていただいています。

個人的には、信頼をしているセキュリティソフトですので
間違いなく2010年版に関しても、お世話になる予定です。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンモクセイの頃

091010_084101
庭先から、ほのかな香りが漂ってきます。

香りの元は、小さなオレンジの花。

キンモクセイです。

秋も深まっていることを感じますね。

  にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

豊洲は

豊洲は
雨が、一時的に止んだと思ったら
急に振り出してきました。

風は、それほど強く吹いているわけではありませんが
雲は早く動いているのが分かります。

あ、また雨が止みました。

嵐の前の静けさでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ただいま有楽町にて

現在、台風18号の影響で
京浜東北線は速度規制による
遅れが出ているほか
湘南新宿ラインや埼京線、総武線快速など
主要な各路線では、すでに通常の5割ほど
運休が決まっているようです。

出勤前のニュースか、駅の案内を確認するようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

明日に向けての進路が気になります。

もちろん、ご存じでない方は
いらっしゃらないと思いますが......。


『台風18号襲来 首相官邸に情報連絡室を設置』
  朝日新聞(2009年10月7日19時19分)


『台風18号は「列島縦断の危険なコース」 気象庁が警戒呼びかけ』
  izaニュース(2009年10月7日20時08分)


『台風18号 8日未明、紀伊半島周辺に上陸か』
  朝日新聞(2009年10月7日20時20分)


『台風18号:智頭急特急やサンダーバード8日午前運休』
  毎日新聞(2009年10月7日20時30分)


『台風18号:名古屋で244世帯に避難勧告』
  毎日新聞(2009年10月7日20時47分)


『近づく台風、緊張高まる 土嚢準備、水門閉鎖、休校』
  朝日新聞(2009年10月7日20時48分)



『台風18号:本州縦断の恐れ 東日本など暴風域に』
  毎日新聞(2009年10月7日20時54分)


10月7日20時現在で、中心の気圧が945hPaと
その勢力は、最強クラスの台風18号。

すでに明日の欠航、運休が決まっている
交通機関があるようですので
必要な方は、チェックしておくと良いでしょう。
(できれば明日は移動しない方が......)

ご家庭でも、飛ばされてしまいそうなものはもちろん
倒れたり、落下してしまうようなものも
あらかじめ室内に取り込むなど、暴風に備えましょうね。

植木鉢や、庭植えの植物なども
根こそぎ、やられないように
対策を取られることをお勧めします。

関東では、明朝には暴風域に入っているようで
私は無事に出勤できるか......不安です。

さしあたって、気象予報を注視するしかありませんね。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信念を持って取り組むべき課題

日本にとって、国際公約となった
温室効果ガス25%(90年比)削減という
鳩山首相の演説は、国際社会だけでなく
大前研一さんから見ても
かなり評価が高かったようです。


『リーダーシップを発揮した鳩山首相』
  日経BPネット(2009年10月6日)


一部の報道によれば、この鳩山首相の演説の後
国連の日本人職員は職場で
非常に、誇らしい思いをしたと聞きます。

日本の首相は、あんなことを言ってたね......と
各国の職員から賞賛を浴びたからですね。

それくらい、世界受けが良かったのは当然で
これまで先進国と、途上国との
削減枠の押しつけ合いに終始していた
温暖化問題について、国際世論や利害関係はともかく
具体的かつハードルの高い数値目標を設けての主張は
EUですら、出していなかったであろうからです。

温室効果ガス削減について
急務であることは、疑いの余地がありませんが
当初、私個人としては
国内世論の下準備(ロードマップなど)を作ってから
国際公約とした方が良かったのでは?
時期尚早では?――と思っていました。

しかしながら、大前さんのコラムを読むにつれ
あえて高いハードルに挑むところに
国際競争力が生まれることを期待していたとすれば
あの国際公約は、時期尚早どころか
絶好の機会であったことを認識いたしました。



『日・シンガポール首脳会談 日本の温室効果ガス25%削減策に関心』
  EICネット(2009年10月6日)


『稲盛和夫氏:25%削減目標「克服する勇気が必要」』
  毎日新聞(2009年10月6日23時34分)


『研究報告:電力業界 気候変動対策で800万の雇用を創出』
  日刊 温暖化新聞(2009年10月7日)


『25%削減は挑戦的だが実現可能 日本は強い政策で技術伸ばせ』
  ECO JAPAN(2009年10月7日)


『先進国には、やはり責任がある』
  日経ビジネスオンライン(2009年10月7日)


なんとしても、このブレークスルーを果たしたいものです。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

温暖化によって食糧価格が高騰すると

思いのほか、深刻な結果が出ています。


『栄養不足の子:温暖化で増えそう 生産量減少と価格高騰で』
  毎日新聞(2009年10月6日15時21分)


2050年の平均気温が、2000年に比べて1~2度上昇し
降水量が約2~10%増えると想定した上で
穀物や畜産物の生産量や価格への影響を
シミュレーションした結果だそうです。

純粋に、人口増加によって需要が高まった場合より
温暖化が併行して、生産量が低下した場合の方が
より価格が高騰するというわけです。

わずか、1~2度の気温上昇で
こんなにも、深刻な影響が出るとは......。

これでは子供だけでなく、大人にとっても
食糧が行き渡らない可能性があります。

まずは、温暖化を食い止めることを考えなければ。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

「国際会計基準」

最近、気になるキーワードです。


『IFRS 国際会計基準フォーラム』
 @IT


私自身、上位のシステムに
携わっているわけではないので
直接的な影響はないと思いますが
これに伴って、ネットワークの構成変更があると
動きがあるかも知れません。

あと2~3年をメドに導入となると
企業として、マイルストンを組み始める時期に
差し掛かっているのでしょうね。

この流れに懐疑的な見方もあるようですが
念のため、予習しておかないと......。

  

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

少しだけ、できることを始めたくなりました。

日比谷公園で昨日から開催されていた
「グローバルフェスタ2009」に行ってきました。

国際協力をコンセプトに、政府や国際機関
NGOなどの活動を楽しみながらも
広く知ることができる、非常に意識の高い場。

国際協力は必要と思っていても
普段なかなか、その現場を知ることはできませんから
こういう時がチャンスなんですよね。

PKOの一環として、内閣府が
必要に応じて、海外の難民向けに送っている
テント(蚊帳付き)や浄水器なんて、初めて見ましたし
また別のブースでは、外務省や環境省といった
政府機関が進めている施策の現場を
垣間見ることができました。

メインステージでは、地球兄弟プロジェクトを行っている
ミュージシャンの河口恭吾さんがライブを
外務省の地球サポーターの知花くららさんが
トークショーを行っていました。

やっぱり、援助の現場を見ている方のコメントは貴重ですね。

とりわけ、援助を必要とする国について
その歴史を知る必要があるというお話には
なるほどと気付かされました。

やはり、その国の発展を阻害してしまった
かつての政権や戦争などが
現在の貧困や、社会問題に至っているわけです。

現地のためにも、これからの私たちのためにも
援助を通じて、悪しき過去に学ぶことは
必要なことなのでしょうね。


『「地球サポーター」知花くらら「日本は恵まれているんだな…」』
  日テレNEWS24(2009年10月4日14時04分)

 

それにしても、こういったイベントに来るたび思うのは
若い方(恐らく学生の方)、そして女性が本当に多いんですね。
(知花さんも仰ってましたが......)

私が、彼らくらいの年代の頃は
国際協力なんて、考えもしなかったのに......
意識の違いを感じます。

国際協力も、まず人の交流ありきですから。

若い世代と女性にとって、活躍する舞台は
広がっているということでしょう。

091004_134202 さて、今回の会場である日比谷公園は
花好きの私にとって、本来の魅力がありまして
それは、秋バラが咲いているということ。

多くの人が群がるテントの脇に
何種類ものバラが咲いていたことに
みんな気付いていたでしょうか?

 

普通に撮っても、きれいなバラですが
これに虫が写り込んでいたりすると
より動的な一枚になりますよね。

091004_133101 091004_134201  

 
 
 
 
 
 
 

たまたま飛んできてくれたトンボと
たまたま休んでくれていたカマキリに感謝!です。

カマキリはシーズンオフのはずですが
大丈夫なのでしょうか??
 

 

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

行ってきました、コエドビール祭り

さすがに、多くの人が
ビールを片手に楽しんでいるようでした。

私も、短い時間でしたが
串焼きや、チョリソーなども食しながら
、コエドビールが出している
5種類のビール全てを楽しんで飲むことができました。

個人的には、麦芽とホップの
純粋なビールが好物のはずが
原材料として、さつま芋も使われている「紅赤」が
意外と旨いことが分かって
なかなかの成果!!

「漆黒」も、独特の香ばしさがあって
いわゆる黒ビールが苦手な方も
これならOK!という方も多いのでは?

091003_143101 会場には、ステージも設けられ
バンドの演奏もありつつ
会場を巻き込んでの「乾杯の歌」もあるなど
盛り上がりを見せていましたよ。

年に一度といわず
ちょくちょく開催して欲しいですね。

 

そういえば、今日は中秋の名月......のはずですが
関東は、厚い雲に覆われて
月見どころでないのは、少し残念です。

明日は、日比谷公園で開かれている
「グローバルフェスタ2009」に行ってきます。

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

明日は「オクトーバーフェスト in さいたまスーパーアリーナけやきひろば・コエドビール祭 2009」

ちょっと忘れかけていましたが
明日は、さいたまスーパーアリーナのけやきひろばで
イベントが開催されるのでした。

主催は、埼玉県(川越市)が誇る
地ビールの「COEDOビール」。

オクトーバーフェストの本家は
ご存じの通り、ドイツのミュンヘンのお祭りであり
200年近くも続く伝統行事だとか。

これにならって、COEDOビールが開催しているイベントが
この「コエドビールまつり」。

昨年までは、自社の工場で開催されていたそうで
さすがの私も、知りませんでしたが......
今年は、スーパーアリーナけやきひろばで行われるようなので
せっかくですから、足を運びたいと思います。

また、ここのビールが旨いんですよねぇ(楽しみ!!)。

ここ数日、雨模様でしたが
天気が回復することを期待したいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダの糞を何に使う?――今年のイグ・ノーベル賞

個人的に、本家のノーベル賞より
どこか気になってしまうのが
科学研究界のユーモア賞とも言える
この「イグ・ノーベル賞」。


『「イグ・ノーベル賞」パンダのふんで生ごみ減量の田口名誉教授受賞』
  izaニュース(2009年10月2日10時01分)

 

『パンダふんでゴミ減量 北里大・田口名誉教授に「イグ・ノーベル賞」』
  日本経済新聞(2009年10月2日11時44分)

 

『パンダのふんで生ごみ分解 日本人にイグ・ノーベル賞』
  朝日新聞(2009年10月2日12時0分)

 

『イグ・ノーベル賞:田口文章氏受賞、パンダふんでごみ減少』
  毎日新聞(2009年10月2日13時01分)

 

かつて、牛糞から
バニラの香り成分を抽出する研究で
受賞したのも日本人でしたが......
どういうわけか、糞にたどり着くのですね。

しかし、今回のイグ・ノーベル賞の
生物学賞の受賞は、生ゴミの分解という
過去の受賞事例からみても
実利実際性の高い研究ではないでしょうか。

一見、実用的だけど
どんなときに使うの??......というのが
イグ・ノーベル賞っぽいと(勝手に)思っています。

例えば今回、公衆衛生賞を受賞した
この研究なんて、まさに
イグ・ノーベル賞といえるのでは?


『ガスマスクになるブラジャー、イグ・ノーベル賞受賞』
  ロイター(2009年10月2日17時39分)

 

ぜひとも、遊び心が世界の役に立つところを
イグ・ノーベル賞から発信して欲しいものです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 1日 (木)

寄付は誰のため?

普段、あまり意識することはありませんが......。


『2009年10月のテーマ【寄付をしたことありますか?】』
  地球のココロ(2009年10月1日)


旅先でのお賽銭も、寄付に含まれるとは
知りませんでしたが
そうなると、無意識レベルで
そこそこの額を出資しているような気がします。

そんなに、信心深いわけではありませんけれど(苦笑)
京都であったり、鎌倉であったり
自社の名刹に足を運ぶことが多いものですから。

いずれにしても、寄付とは寄付をする側にとって
心のバランスを取る行為の一つであるようにも感じます。

例えば、地震に被災した地域へは
意識して行うものですが
本来、人として出向いて手を差し伸べるべきところを
こちらの都合を優先させざるを得ないとき。

申し訳ないと思いながらも
寄付をすることで、免罪符を得ている感覚というと
語弊があるかも知れませんが......。

そういえば、大地震に見舞われた
サモアとスマトラは大丈夫なのでしょうか?

心配......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に「辞めさせにくい人材」になりたいか?

個人的には、ネガティブな発想に映りますが......。


『【第86回】「辞めさせにくい人材」になります!
  ~3つのポイントを踏まえましょう~』
 
   日経ビジネスAssocie(2009年9月30日)


会社から見た、辞めさせにくい人材について
いろいろと分析がなされていますが
本末転倒な気がしています。

その会社に居続けること自体が
目的になってしまっているんですね。

どんなに、良い会社だと思っているところで
働いていても、理不尽なリストラに遭うのであれば
所詮は、その程度の会社。

自分にとってのゴールを
より高い次元で設定していれば
会社という狭い器の中で
周囲や上司に気を遣うことなど
何の意味もないことに気がつくと思うのです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »