« 2009年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2010年1月 7日 (木)

Kindle DXがリリース

Apple発のタブレットが真実であるならば
このハードの発表は、最適なタイミングと言えるかもしれません。


『Amazon、9.7インチ「Kindle DX」を日本を含む世界100カ国以上で発売へ 』
  ITpro(2010年1月7日)


もっとも、アプリとしてのKindleは
iPhone版、PC版ともリリースされているので
Amazonが提供するサービス全体としては
より広がりを見せることになるでしょうけど。

ディスプレイ部が従来型と比べて
2.5倍も大きくなったのは点はもちろん
PDF閲覧や自動回転をサポートも
ユーザにとって嬉しいことです。

端末が大きくなるのは
嬉しいことか分かりませんけど。

せっかくなので、日本語コンテンツもサポートしてくれると
購買意欲が湧くのですが......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

海上のテロ行為に対して法整備を

このようなテロ行為は、例え公海上であっても
取り締まるべきだと考えています。


『「シーシェパード」が異臭放つ薬品ボール 南極海で調査捕鯨団妨害』
  izaニュース(2010年1月6日11:31)


『シー・シェパードの別の船長「故意に衝突された」』
  朝日新聞(2010年1月6日22:00)


『シー・シェパード対策 法整備先送り…対抗策は“手詰まり”』
  izaニュース(2010年1月7日00:51)


『調査捕鯨:シー・シェパード抗議船が日本船に衝突、大破』
  毎日新聞(2010年1月7日01:26)


懸念されるのは、この事件をも
テロ団体にとっての広報活動に用いられ
さらに資金力を増すことです。

法整備を急がなければ、テロ団体は
さらなる増長を許すことになるでしょう。

日本として、このような行為は
断固、認めるわけにはいかないという姿勢を
世界に対して見せて欲しいものです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

Google開発のスマートホン「Nexus One」

Googleが自社開発のスマートホンを出してきました。

iPhoneの有力なライバルとも目される
Googleのスマートホンは、レビューによれば
かなり好評のようです。


『Nexus OneがVerizonとVodafoneにも対応, それは単一機種の名前ではなく将来の多様なシリーズ製品の総称だ』
  TechCrunch(2010年1月6日)


『「Nexus One」と「iPhone」、より惹かれるのはどっち?』
  CNET Japan(2010年01月06日13:34)


『米グーグルが独自ブランド携帯電話を発表、投資家は様子見』
  ロイター(2010年1月6日14:06)


『フォトレポート:グーグル、「Nexus One」イベントを開催--発表とデモの様子を写真で紹介』
  CNET Japan(2010年1月6日15:44)


『Google、Android携帯電話「Nexus One」を発売、アンロック版は529ドル 』
  ITpro(2010年1月6日)


『Google Nexus One(ネクサス・ワン)ついに発表―TechCrunchが詳細レビューをお届けする』
  TechCrunch(2010年1月6日)


外観はiPhoneと同じくらいに映りますが
やや軽い作りになっています。

それ以上に注目すべきなのは、やはりハード面でしょう。

CPUに1GHzのSnapdragonが搭載されているため
複数アプリを同時に実行が可能であり
3Dグラフィックの表示もスムーズであるとか。

この点においては、iPhoneも適いません。

一方で、消費電力の大きさに難点があるようですが......。

とはいえ、Androidのパフォーマンスを自ら
限りなく引き出すことに成功した端末と言えそうです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

アップル製のタブレットの正体は

新年早々、ホットな話題を提供してくれたのは
やはり、Appleでした。


『クールすぎるAppleタブレットの動画』
  WIRED VISION(2009年12月15日)


『Appleタブレットは「触覚フィードバック付き」で来年発売?』
  WIRED VISION(2009年12月25日)


『Apple の新型タブレットをめぐる噂が続々と浮上』
  japan.internet.com(2009年12月29日11:50)


『グーグル元幹部、アップル製タブレットの1月発表を明かす--米報道』
  CNET Japan(2010年01月04日11:11)


『Appleは初年度1000万台? タブレットが切り開く世界』
  マイコミジャーナル(2010年01月05日)


『アップル製タブレット、3月から出荷開始か--WSJ報道』
  CNET Japan(2010年01月05日09:06)


『米アップル、1月中にタブレット端末発表へ=報道』
  ロイター(2010年01月5日09:24)


『Apple、うわさのタブレットを3月に出荷へ、WSJが報じる』
  ITpro(2010年01月05日)


昨年の後半から、憶測混じりに報道されていた
Apple製のタブレットについて
今月中にも正式に発表し、3月にも販売との見方が有力のようです。

10~11インチのタッチスクリーンということですから
A4サイズくらいのiPhone(もしくはiPod Touch)を
イメージすれば良いのでしょうか。

そのUIの大きさから、電子書籍や新聞などはもとより
動画コンテンツは格段に見やすくなるでしょうし
メモやイラストといった場面に用いるであろう
手書き入力の簡便性にも期待が高まります。

ピンチ、フリップといったアクションの他
MacBookのように三本指を使った
マルチタッチ操作が含まれる可能性もあるでしょう。

あとは、バッテリの駆動時間と重さが気になるところですが
憶測に憶測を重ねても仕方ありませんので
公式発表まで、しばらく待つとしましょうか。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2015年2月 »