« iPhone3GSを買うべきでないポイント | トップページ | Google開発のスマートホン「Nexus One」 »

2010年1月 5日 (火)

アップル製のタブレットの正体は

新年早々、ホットな話題を提供してくれたのは
やはり、Appleでした。


『クールすぎるAppleタブレットの動画』
  WIRED VISION(2009年12月15日)


『Appleタブレットは「触覚フィードバック付き」で来年発売?』
  WIRED VISION(2009年12月25日)


『Apple の新型タブレットをめぐる噂が続々と浮上』
  japan.internet.com(2009年12月29日11:50)


『グーグル元幹部、アップル製タブレットの1月発表を明かす--米報道』
  CNET Japan(2010年01月04日11:11)


『Appleは初年度1000万台? タブレットが切り開く世界』
  マイコミジャーナル(2010年01月05日)


『アップル製タブレット、3月から出荷開始か--WSJ報道』
  CNET Japan(2010年01月05日09:06)


『米アップル、1月中にタブレット端末発表へ=報道』
  ロイター(2010年01月5日09:24)


『Apple、うわさのタブレットを3月に出荷へ、WSJが報じる』
  ITpro(2010年01月05日)


昨年の後半から、憶測混じりに報道されていた
Apple製のタブレットについて
今月中にも正式に発表し、3月にも販売との見方が有力のようです。

10~11インチのタッチスクリーンということですから
A4サイズくらいのiPhone(もしくはiPod Touch)を
イメージすれば良いのでしょうか。

そのUIの大きさから、電子書籍や新聞などはもとより
動画コンテンツは格段に見やすくなるでしょうし
メモやイラストといった場面に用いるであろう
手書き入力の簡便性にも期待が高まります。

ピンチ、フリップといったアクションの他
MacBookのように三本指を使った
マルチタッチ操作が含まれる可能性もあるでしょう。

あとは、バッテリの駆動時間と重さが気になるところですが
憶測に憶測を重ねても仕方ありませんので
公式発表まで、しばらく待つとしましょうか。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

|

« iPhone3GSを買うべきでないポイント | トップページ | Google開発のスマートホン「Nexus One」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/50722/32872769

この記事へのトラックバック一覧です: アップル製のタブレットの正体は:

« iPhone3GSを買うべきでないポイント | トップページ | Google開発のスマートホン「Nexus One」 »