2010年1月 7日 (木)

Kindle DXがリリース

Apple発のタブレットが真実であるならば
このハードの発表は、最適なタイミングと言えるかもしれません。


『Amazon、9.7インチ「Kindle DX」を日本を含む世界100カ国以上で発売へ 』
  ITpro(2010年1月7日)


もっとも、アプリとしてのKindleは
iPhone版、PC版ともリリースされているので
Amazonが提供するサービス全体としては
より広がりを見せることになるでしょうけど。

ディスプレイ部が従来型と比べて
2.5倍も大きくなったのは点はもちろん
PDF閲覧や自動回転をサポートも
ユーザにとって嬉しいことです。

端末が大きくなるのは
嬉しいことか分かりませんけど。

せっかくなので、日本語コンテンツもサポートしてくれると
購買意欲が湧くのですが......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

海上のテロ行為に対して法整備を

このようなテロ行為は、例え公海上であっても
取り締まるべきだと考えています。


『「シーシェパード」が異臭放つ薬品ボール 南極海で調査捕鯨団妨害』
  izaニュース(2010年1月6日11:31)


『シー・シェパードの別の船長「故意に衝突された」』
  朝日新聞(2010年1月6日22:00)


『シー・シェパード対策 法整備先送り…対抗策は“手詰まり”』
  izaニュース(2010年1月7日00:51)


『調査捕鯨:シー・シェパード抗議船が日本船に衝突、大破』
  毎日新聞(2010年1月7日01:26)


懸念されるのは、この事件をも
テロ団体にとっての広報活動に用いられ
さらに資金力を増すことです。

法整備を急がなければ、テロ団体は
さらなる増長を許すことになるでしょう。

日本として、このような行為は
断固、認めるわけにはいかないという姿勢を
世界に対して見せて欲しいものです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

Google開発のスマートホン「Nexus One」

Googleが自社開発のスマートホンを出してきました。

iPhoneの有力なライバルとも目される
Googleのスマートホンは、レビューによれば
かなり好評のようです。


『Nexus OneがVerizonとVodafoneにも対応, それは単一機種の名前ではなく将来の多様なシリーズ製品の総称だ』
  TechCrunch(2010年1月6日)


『「Nexus One」と「iPhone」、より惹かれるのはどっち?』
  CNET Japan(2010年01月06日13:34)


『米グーグルが独自ブランド携帯電話を発表、投資家は様子見』
  ロイター(2010年1月6日14:06)


『フォトレポート:グーグル、「Nexus One」イベントを開催--発表とデモの様子を写真で紹介』
  CNET Japan(2010年1月6日15:44)


『Google、Android携帯電話「Nexus One」を発売、アンロック版は529ドル 』
  ITpro(2010年1月6日)


『Google Nexus One(ネクサス・ワン)ついに発表―TechCrunchが詳細レビューをお届けする』
  TechCrunch(2010年1月6日)


外観はiPhoneと同じくらいに映りますが
やや軽い作りになっています。

それ以上に注目すべきなのは、やはりハード面でしょう。

CPUに1GHzのSnapdragonが搭載されているため
複数アプリを同時に実行が可能であり
3Dグラフィックの表示もスムーズであるとか。

この点においては、iPhoneも適いません。

一方で、消費電力の大きさに難点があるようですが......。

とはいえ、Androidのパフォーマンスを自ら
限りなく引き出すことに成功した端末と言えそうです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

アップル製のタブレットの正体は

新年早々、ホットな話題を提供してくれたのは
やはり、Appleでした。


『クールすぎるAppleタブレットの動画』
  WIRED VISION(2009年12月15日)


『Appleタブレットは「触覚フィードバック付き」で来年発売?』
  WIRED VISION(2009年12月25日)


『Apple の新型タブレットをめぐる噂が続々と浮上』
  japan.internet.com(2009年12月29日11:50)


『グーグル元幹部、アップル製タブレットの1月発表を明かす--米報道』
  CNET Japan(2010年01月04日11:11)


『Appleは初年度1000万台? タブレットが切り開く世界』
  マイコミジャーナル(2010年01月05日)


『アップル製タブレット、3月から出荷開始か--WSJ報道』
  CNET Japan(2010年01月05日09:06)


『米アップル、1月中にタブレット端末発表へ=報道』
  ロイター(2010年01月5日09:24)


『Apple、うわさのタブレットを3月に出荷へ、WSJが報じる』
  ITpro(2010年01月05日)


昨年の後半から、憶測混じりに報道されていた
Apple製のタブレットについて
今月中にも正式に発表し、3月にも販売との見方が有力のようです。

10~11インチのタッチスクリーンということですから
A4サイズくらいのiPhone(もしくはiPod Touch)を
イメージすれば良いのでしょうか。

そのUIの大きさから、電子書籍や新聞などはもとより
動画コンテンツは格段に見やすくなるでしょうし
メモやイラストといった場面に用いるであろう
手書き入力の簡便性にも期待が高まります。

ピンチ、フリップといったアクションの他
MacBookのように三本指を使った
マルチタッチ操作が含まれる可能性もあるでしょう。

あとは、バッテリの駆動時間と重さが気になるところですが
憶測に憶測を重ねても仕方ありませんので
公式発表まで、しばらく待つとしましょうか。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

海上自衛隊の護衛艦「くらま」が衝突

一体、何が起こったというのでしょうか?


『護衛艦と韓国籍民間船が衝突炎上 関門海峡』
  izaニュース(2009年10月27日20時49分)


『防衛相「原因まだ分からない」 護衛艦衝突』
  izaニュース(2009年10月27日21時04分)


『海自護衛艦「くらま」、商船と衝突 関門海峡、3人負傷』
  日本経済新聞(2009年10月27日22時17分)


『電話鳴りっぱなしの防衛省 張りつめた空気』
  izaニュース(2009年10月27日22時25分)


『海自護衛艦とコンテナ船が衝突、双方炎上 関門海峡』
  朝日新聞(2009年10月27日22時36分)


『海自護衛艦衝突:関門海峡で韓国コンテナ船と 両船から炎』
  毎日新聞(2009年10月27日23時07分)


狭い関門海峡とはいえ
どうも、船首同士の衝突らしいではないですか。

速報ベースでしか情報が無い状態なのは
まだ、情報を汲み取れていないのでしょう。

まさか、数日前に観艦式に参加していた海自の護衛艦が
このようなことになるとは......。

続報を待ちたいと思います。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡るアホウドリ

アホウドリって、渡るんですね......。

知りませんでした。


『アホウドリ:小笠原で巣立ち→5カ月後サンフランシスコ沖』
  毎日新聞(2009年10月26日20時51分)


『聟島に移送したアホウドリのサンフランシスコ沖到達が確認される』
  EICネット(2009年10月26日)


『小笠原巣立ったアホウドリ、サンフランシスコ沖に』
  朝日新聞(2009年10月27日5時41分)


そもそもの営巣地である鳥島が
火山噴火の恐れがあるため
人工的に、繁殖地を聟島に移したのでした。

衛生発信器は、このときのヒナに装着し
行き先が明らかになったわけです。

アホウドリは、その羽毛を目当てとする
乱獲の影響から、絶滅の危機に瀕しています。

聟島への移行も、絶滅を回避するための方策というわけです。

また元気に、戻ってきて欲しいですね。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

AmazonのKindle

コンテンツを有する企業などは
この次世代型の媒体を
積極的に活用してみても良いのではないかと思います。


『アマゾン、「Kindle for PC」アプリケーションを11月に公開へ』
  CNET Japan(2009年10月23日11時03分)


『届いた!開けた!--日本から注文した「Amazon Kindle 2」開封の儀』
  CNET Japan(2009年10月23日12時49分)


Amazonが開発したKindle。

端末としてのKindleだけでなく
すでに、iPhoneアプリとして提供され
11月にはWindows版も提供される予定だとか。

USのAmazonでのみ販売されているようで
コンテンツも、英語が中心となりますが
逆に言えば、日本のコンテンツを
世界に浸透させるチャンスでもあると思うのです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7へ乗り換えるには

個人的には、冷めた目で見ていますが
やはり、売れているようですし
Vistaからの乗り換えメリットも大きそうですね。


『XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル』
  @IT(2009年9月24日)


『Windows 7 これさえ見れば全部わかる!』
  ASCII.jp(2009年10月22日 16時09分更新)


『ウィンドウズ7 CEO「より簡単に、より速く」』
  朝日新聞(2009年10月23日10時48分)


『Windows7購入に関して知っておくべき7つのポイント』
  WIRED VISION(2009年10月23日)


『グーグルのOSなんて怖くない--Windows 7に自信を見せるマイクロソフト』
  CNET Japan(2009年10月23日12時49分)


Windows7への期待......というよりも
Vistaの完成度が、あまりにも低かったため
移行せざるを得ないというのが
本音ではないかと勘ぐってしまうのは
Vista被害者の私だけでしょうか??

さて、Windows7への移行は、Vistaからは
直接アップデートできるものの
XPからは、一度フォーマットをした後に
Windows7をインストールする必要があるとか。
法人ユーザの多くは
まだ、XPを使っているのではないかと思います。

既存システムや、取引先とのデータ互換
さらには移行コスト、リスク評価を考えると
積極果敢な企業でなければ、現状の経済情勢を鑑みても
今すぐの乗り換えは避けるというのが人情でしょう。

3Dの動作が速いのは結構ですが
起動も速いと言うことのないOSなんでしょうけど......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

Windows7にするか、Snow Leopardにするか

明日、10月22日のWindows7発売を前に
Appleが、4モデルの新製品をぶつけてきましたね。


『Want To Run Windows 7? Buy A Mac』
  Forbes.com(2009年10月20日17時30分)


『Windows 7は何がよいのか? 』
  ASCII.jp (2009年10月21日06時00分)


『「Windows 7」VS「Snow Leopard」パフォーマンス比較--新OS対決を制したのは』
  CNET Japan (2009年10月21日07時30分)


『iMac、MacBook、Mac mini これが冬商戦Macだ』
  ASCII.jp (2009年10月21日12時16分)


それぞれのOSをベンチマークで比較している
記事によれば、3Dに関する性能は
Windows7の方が、Snow Leopardよりも
上回る結果が出ています。

一方、起動速度やバッテリ持続時間については
Snow Leopardが優勢のようです。

しかし、Vistaに泣かされたユーザとしては
あながち簡単に、Windows7へ
乗り換える気にもなれないんですよねぇ。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

JALは国有化となるのか?

この状態だと、実質国有化(公的資金投入)も
まんざらでは無さそう......と思っていたら
案の定というニュースです。


『JAL、「いきなりの実質債務超過」の波紋』
  日経ビジネスオンライン(2009年10月20日)


『日航:再建問題で財務相と国交相が会談』
  毎日新聞(2009年10月20日13時13分)


『日航再建策「数日中に決着」 財務・国交相会談、公的資金が焦点に』
  日本経済新聞(2009年10月20日12時38分)


『日航支援へ公的資金検討 国交相と財務相が会談』
  朝日新聞(2009年10月20日15時00分)


ちなみに、JAL再生タスクフォースの
中核メンバである冨山さんは
著作『会社は頭から腐る』の中で
「腐敗」を防ぐ措置を予防医学になぞらえ
いかに、企業としてのガバナンス(仕組み)が
重要であるかを説いていました。

JALに再生タスクフォースが送り込まれるとの
報道を耳にしたとき、この著作がよぎり
「あの冨山さんのような人が乗り込むのね」と
思っていたら、なんと
ご本人が登板されていたというわけです。

それだけ手腕のある方は
業界広しといえど、滅多にいないのでしょうね。

最近、マイル目当てに
JALカード(クレジットカード)を
作ったばかりという会社の同僚は
ひどく、昨今のニュースを気にしている様子。

これまで、いかにお粗末な航空行政であったかを
認識する格好のケーススタディであると同時に
それを受け手の行動派、未来を占う布石でもあります。

是非とも、過ちのない措置を願いたいものです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧