2009年10月 1日 (木)

寄付は誰のため?

普段、あまり意識することはありませんが......。


『2009年10月のテーマ【寄付をしたことありますか?】』
  地球のココロ(2009年10月1日)


旅先でのお賽銭も、寄付に含まれるとは
知りませんでしたが
そうなると、無意識レベルで
そこそこの額を出資しているような気がします。

そんなに、信心深いわけではありませんけれど(苦笑)
京都であったり、鎌倉であったり
自社の名刹に足を運ぶことが多いものですから。

いずれにしても、寄付とは寄付をする側にとって
心のバランスを取る行為の一つであるようにも感じます。

例えば、地震に被災した地域へは
意識して行うものですが
本来、人として出向いて手を差し伸べるべきところを
こちらの都合を優先させざるを得ないとき。

申し訳ないと思いながらも
寄付をすることで、免罪符を得ている感覚というと
語弊があるかも知れませんが......。

そういえば、大地震に見舞われた
サモアとスマトラは大丈夫なのでしょうか?

心配......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

「いたずら書き」の効能

つい、いたずら書きをしてしまう人に朗報です。

『「いたずら書きは集中力を高める」その理由は』 WIRED VISION

私も高校くらいまで、自分の教科書やノートに
よく落書きをしていたものでした。

残念ながら、それによって
絵の才能が成就することはありませんでしたが
どこか、自分の書いた
下手なイラストや不可解なメッセージが
メインの情報(学校なら授業そのもの)を
スムーズに記憶にとどめる、フックのような役割を
担っていたのかもしれません。

なんとも逆説的ですが、いたずら書きは
集中力が欲する、重要な儀式のようです。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

『「なんでだろう」から仕事は始まる!』

野球選手などのように「殿堂入り」というシステムがあったなら
文句なく名前が挙がるであろう
経営者の鏡たる存在だったとと思います。

『「なんでだろう」から仕事は始まる!』 小倉昌男 著

若い起業家に宛てて「志」を説いていますが
「経営者は」という部分を「サラリーマンは」
もしくは「職業人は」と置き換えても
つじつまが合うことばかり。

トム・ピーターズ氏ではありませんが
自分が「株式会社」だったとしたら
誰かがフォローしてくれるのが当たり前
......とは考えないはずですから。

経営者になることはできても
経営ができるとは限らない
――この言葉、肝に銘じたいと思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

自動改札は、便利?

比較的大きな駅の自動改札の中に
ICカード専用機が設置されています。

切符の投入口が無いものですね。

便利......だけれど
これに困っている方も少なくないようです。

『どちらが切符用?カード専用改札機増加で視覚障害者が困惑』 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090109-OYT1T00451.htm

利用客の約7割は、すでにICカードを利用しているそうで
普及率を考えると、こうした専用機が設置されるのも
自然な気がしていました。

切符の投入口が付いた、従来型の自動改札では
  ①切符の投入
  ②切符が取り出し口に移動
  ③利用客が切符を取り出し移動
――のようなステップを踏むため
ICカードで改札を通過するよりも
わずかながら、時間がかかるものです。

そのような理由から、普段
せっかちな私は、かなりの割合で
ICカード専用機を使っていると思います。

しかし、社会的弱者の方々が
この流れに不便さを感じているとしたら
確かに、問題です。

実際、健常者であっても
久々に鉄道を利用するのだろうとおぼしき方々が
ICカード専用機の前で切符を片手に
おろおろしている姿を、何度か目にしたことがありました。

よく見ないと、ICカード専用機なのか
そうでないのかが分からないのですね。

自動改札に限ったことではないと思いますが
効率、経済性、便利といった物差しは
一体、誰のためのものなのか。

マイノリティを無視しないためには
意識して、多様性の中に身を置く必要があるように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月 9日 (金)

『朽ちていった命―被曝治療83日間の記録』

当時、国内初と言われた臨界事故
(実際には志賀原発が同年数ヶ月前に臨界事故を起こしていた)から
10年が経とうとしています。

『朽ちていった命―被曝治療83日間の記録』 NHK「東海村臨界事故」取材班

この事故によって、2名の命が犠牲となりました。

患者、家族、医師、看護師。
それぞれの闘病生活、医療現場の観点から振り返り、
命の尊さとは何かを世に問うべく描かれたものが
当時の「NHKスペシャル」で放送され
本書は、その書籍版に当たります。

しかし映像よりも、どこか惻々と迫る恐怖と痛み。
違法な作業方法により、臨界事故を引き起こした
企業に対する許せない思い。
未だ「安全神話」に立脚する、今日の原子力行政への疑問。
――心を打たれるのは、私だけではないでしょう。

多大なる代償を払って知り得た教訓。
決して、風化させるようなことがあってはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

『1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術』を読みました

本書は必ずしも、収入を上げたい人だけの本ではありません。
タイトルだけ見ると、誤解しそうですけど。

『1063人の収入を60日間で41%アップさせた 目標達成する技術』 マイケル・ボルダック 著

人の行動は感情、そして無意識からなるもの。
だから、知識で分かっていても
なかなか行動できない
......というのは確かに、分かる気がします。

実際、私も本やセミナーなどで
「なるほど!」と思っても
実行し、習慣化していることは
かなり少ないのではないかと。

成長、つまり変化を遂げるには
現状維持しようとするメカニズムによって
当初、苦痛を伴う作業であり
それらを軽減し、ゴールへ加速化させるツールが
本書の内容と捉えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

残念......。

ん~......。

市立浦和はPK戦の末、滝川第二(兵庫)に
惜しくも敗れてしまいました。

残念!!

でも、両校とも素晴らしい攻守のせめぎ合いで
目を離すスキもなかったほど。

近来、Jリーグも含めて
こんなに、しっかりとサッカーを観る機会なんてありませんでしたし
改めて、サッカーのおもしろさを開眼させていただきました。

両校とも、お疲れ様でした。

滝川第二の皆さんは、明日の試合も頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

『しあわせは、すぐ近くにある。 今日から成功できる39の法則』を読みました

『しあわせは、すぐ近くにある。 今日から成功できる39の法則』 マツダミヒロ 著

本書では、人が迷ったとき
うまくいかないときの処方箋を
一見無関係な物事から得られる気付き・学びを
「法則」として見立てています。

とは言っても、そんなに難しい本ではなく
多くのページに、柔らかなタッチのイラストが挿入され
全体の文字数も少なめですから
読書が苦手な方も、「眺める」感覚で読めるのでは?

なので、さぁ本を読むぞ!と
意気込んで、本書を手に取ったとしたら
肩すかしを食らうかもしれません。

中でも「ぬいぐるみの法則」は
あれも、これもと、つい欲張ってしまう私には
痛いところを突かれた感も(苦笑)......。
確かに、先に進むためには手放すことも必要なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年 年頭のご挨拶

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

今年もよろしくお願い申し上げます。


さて、私が年賀状のやり取りを減らし
年賀メールを送るようになってて久しいのですが
やはり、まだ何名か旧来の
年賀状に頼った挨拶をさせていただく方々がいます。

その中の一人は、高校時代の恩師です。

今では、ほとんど
年賀状だけのお付き合いとなってしまっていて
お互い、細かい部分の動向は分からないこともあるわけです。

そんな恩師の年賀状には
年ごとに異なる一言が添えられています。

具体的なことを指すものは少なく
むしろ、その内容を
こちらが解釈しなければならないものが多いのですが
その時々に合ったメッセージが投じられるのは不思議です。

今年の一言は

まだまだ バリバリやらんとな!!

確かに。
まだまだ、やることはありますからね。

というわけで、一年間バリバリさせていただきますので
改めまして皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

学習の秋

今日は一日、マインドマップ基礎講座を
飯田橋で受講しておりました。

いやぁ~、楽しかったですよ。

マインドマップの要素の1つに
「楽しむ」があるんですけど
それは確実に、クリアしたはず!

普段、使わない「全脳」をフル活用でした。

やっぱり、楽しみながら学ぶことって
定着するんです。
行って良かった。

習慣化して、いろいろな場面に使っていくつもりです。

意図的に、このような
インプットの時間を持つのは良いですねぇ。

秋は、こんな時間を
増やしていきたいと考えています。

帰宅後、講座でいただいた非売品のDVDを
早速......と思ったら
PCの光学ドライブの調子が??

こちらも、いただいた
評価版のCD-ROMに入れ替えてみても......?

何やら、高速回転はしてるようなんですけど
読み取らないんですね。

故障かも......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)