2010年1月 7日 (木)

海上のテロ行為に対して法整備を

このようなテロ行為は、例え公海上であっても
取り締まるべきだと考えています。


『「シーシェパード」が異臭放つ薬品ボール 南極海で調査捕鯨団妨害』
  izaニュース(2010年1月6日11:31)


『シー・シェパードの別の船長「故意に衝突された」』
  朝日新聞(2010年1月6日22:00)


『シー・シェパード対策 法整備先送り…対抗策は“手詰まり”』
  izaニュース(2010年1月7日00:51)


『調査捕鯨:シー・シェパード抗議船が日本船に衝突、大破』
  毎日新聞(2010年1月7日01:26)


懸念されるのは、この事件をも
テロ団体にとっての広報活動に用いられ
さらに資金力を増すことです。

法整備を急がなければ、テロ団体は
さらなる増長を許すことになるでしょう。

日本として、このような行為は
断固、認めるわけにはいかないという姿勢を
世界に対して見せて欲しいものです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

Windows7へ乗り換えるには

個人的には、冷めた目で見ていますが
やはり、売れているようですし
Vistaからの乗り換えメリットも大きそうですね。


『XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル』
  @IT(2009年9月24日)


『Windows 7 これさえ見れば全部わかる!』
  ASCII.jp(2009年10月22日 16時09分更新)


『ウィンドウズ7 CEO「より簡単に、より速く」』
  朝日新聞(2009年10月23日10時48分)


『Windows7購入に関して知っておくべき7つのポイント』
  WIRED VISION(2009年10月23日)


『グーグルのOSなんて怖くない--Windows 7に自信を見せるマイクロソフト』
  CNET Japan(2009年10月23日12時49分)


Windows7への期待......というよりも
Vistaの完成度が、あまりにも低かったため
移行せざるを得ないというのが
本音ではないかと勘ぐってしまうのは
Vista被害者の私だけでしょうか??

さて、Windows7への移行は、Vistaからは
直接アップデートできるものの
XPからは、一度フォーマットをした後に
Windows7をインストールする必要があるとか。
法人ユーザの多くは
まだ、XPを使っているのではないかと思います。

既存システムや、取引先とのデータ互換
さらには移行コスト、リスク評価を考えると
積極果敢な企業でなければ、現状の経済情勢を鑑みても
今すぐの乗り換えは避けるというのが人情でしょう。

3Dの動作が速いのは結構ですが
起動も速いと言うことのないOSなんでしょうけど......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

JALは国有化となるのか?

この状態だと、実質国有化(公的資金投入)も
まんざらでは無さそう......と思っていたら
案の定というニュースです。


『JAL、「いきなりの実質債務超過」の波紋』
  日経ビジネスオンライン(2009年10月20日)


『日航:再建問題で財務相と国交相が会談』
  毎日新聞(2009年10月20日13時13分)


『日航再建策「数日中に決着」 財務・国交相会談、公的資金が焦点に』
  日本経済新聞(2009年10月20日12時38分)


『日航支援へ公的資金検討 国交相と財務相が会談』
  朝日新聞(2009年10月20日15時00分)


ちなみに、JAL再生タスクフォースの
中核メンバである冨山さんは
著作『会社は頭から腐る』の中で
「腐敗」を防ぐ措置を予防医学になぞらえ
いかに、企業としてのガバナンス(仕組み)が
重要であるかを説いていました。

JALに再生タスクフォースが送り込まれるとの
報道を耳にしたとき、この著作がよぎり
「あの冨山さんのような人が乗り込むのね」と
思っていたら、なんと
ご本人が登板されていたというわけです。

それだけ手腕のある方は
業界広しといえど、滅多にいないのでしょうね。

最近、マイル目当てに
JALカード(クレジットカード)を
作ったばかりという会社の同僚は
ひどく、昨今のニュースを気にしている様子。

これまで、いかにお粗末な航空行政であったかを
認識する格好のケーススタディであると同時に
それを受け手の行動派、未来を占う布石でもあります。

是非とも、過ちのない措置を願いたいものです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

今度は、ミナミマグロ

クロマグロに続いて、ミナミマグロも......?


『ミナミマグロ:漁獲枠削減巡り議論…20日から国際会合』
  毎日新聞(2009年10月19日19時00分)


日本では、ミナミマグロの消費は
低迷しているようで、仮に漁獲枠が削減されたとしても
価格が急騰することは無さそうだということです。

しかし、つくづく市場は
天然資源に依存しているのだと感じます。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

企業文化を新たに作り替えることは可能なのか

9月末には、事故調作成の報告書が
JR西日本側に漏洩していた事実を受け
前原国交相から、改善策の
報告命令が出されているものの
未だ、経過報告すら出ていないようです。

一方で、捜査対策マニュアルを作成し
社内で口裏合わせをしていたとの疑いも
明るみに出ており、JR西日本の一連の対応に
改めて、当時の被害者をはじめ
日常的な利用客は、どう感じているのでしょう。


『JR西報告漏洩 あってはならない癒着だ』
  izaニュース(2009年9月27日08時14分)


『誤った企業努力、主導権争い…JR西漏洩』
  izaニュース(2009年10月3日20時35分)


『JR西、事故調委聴取会の公述人に介入 宝塚線事故』
  朝日新聞(2009年10月15日12時17分)


『尼崎脱線、JR西が意見聴取会に介入 公述内容変更など依頼 』
  日本経済新聞(2009年10月15日13時00分)


『福知山線脱線:JR西、4人に公述人依頼 発言修正も要求』
  毎日新聞(2009年10月15日13時03分)


『遺族ら「事故の傷えぐられた」 JR西おわびの会』
  izaニュース(2009年10月17日12時16分)


『福知山線脱線:JR西、聴取前に社員に内部資料提示』
  毎日新聞(2009年10月17日15時0分)


『JR西、取り調べ対象社員に資料配布 口裏合わせの疑い』
  朝日新聞(2009年10月17日15時02分)


『退任否定から一転、進退伺 JR西・山崎前社長』
  izaニュース(2009年10月18日00時32分)


『JR西へ厳しい声「口先だけの謝罪や言い訳は響かない」』
  朝日新聞(2009年10月18日00時50分)


『福知山線事故:JR西の副社長ら辞任へ 漏えい問題などで』
  毎日新聞(2009年10月18日02時30分)


私は、一貫して自社や自己の利益にしか
視野が向いていないJR西日本の行動に
怒りを通り越して、あきれるばかりです。

企業として、社会にありながらも
社会に対して背信的な行為を進め
それを疑わない企業文化には、恐ろしさすら感じます。

福知山線脱線事故は、2005年に起こった惨事。

それは、まだ終わっていないのです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

悲しいお知らせ......

日常的に使っていた近所のスーパーが
不況の影響から、今月末で閉店となるそうです。

確か、私が子供の頃から営業していたお店。

かなり頑張っていたと思うのですが
不況といえ、あまりにも寂しい話です。

きっと、1年くらい前から耐えてきたんでしょうね。

大手だって、大変なんですから。


『格安PBは長続きしない
 ブームの去った後には下請けメーカーが死屍累々』
  日経ビジネスオンライン (2009年10月13日)


『「バブル崩壊時より厳しい」 百貨店3社、大幅な減益』
  朝日新聞 (2009年10月13日21時5分)


楽観的な見方もあるようですが
この景気の停滞感が長引けば
これまで、堪え忍んできた中小企業が
次々と限界に達するのではないかという不安がよぎります。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

iPhone3GSが欲しくなっています。

すでに、ユーザとなっている方からすれば
今さらかも知れませんが
最近、気になる存在......というよりも
かなり、購入意欲が高まっています。


『iPhoneとAndroid、どっちを使う?(続々々) 』
  ASCII.jp (2009年10月07日9時00分)


『楽しい使い方は現在模索中の「セカイカメラ」』
  ASCII.jp (2009年10月07日12時00分)


『自社コンテンツは「iPhone 3GS」ユーザーに届いていますか?』
  CNET Japan (2009年10月8日19時13日)


個人的に、いわゆる日本の「ケータイ」と
Webとの親和性について
疑問が解消されないままであったことが起因しています。

私は現在、Webベースで
メール、スケジュール管理
情報収集・発信などを行っています。

ケータイでも、上記のWebを
閲覧できる場合もあるのですが
あくまで、おまけの機能であって
使い勝手に優れず、一元管理しづらい
状況に、ストレスを感じていました。

iPhoneであれば、Webの活用を
そもそも想定しており
個々のアプリによって可用性を高め
だいぶ、そのプラットホームも整備が進んだようですので
購入を前向きに考えるようになっています。

もちろん、その他の拡張機能をもたらし
アプリが多いのも好印象です。
(この辺りの印象が、Androidとの違いではないかと)

auには、10年以上お世話になっていました。

キャリア主導の端末開発が
時代と、ユーザの要求に
応えられなくなってきたということかもしれません。

唯一、心配しているのは
iPhoneのキャリアが、ソフトバンクということで
......お願いします、としか言いようがありません。


『iPhone―携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。』
  アップル

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

信念を持って取り組むべき課題

日本にとって、国際公約となった
温室効果ガス25%(90年比)削減という
鳩山首相の演説は、国際社会だけでなく
大前研一さんから見ても
かなり評価が高かったようです。


『リーダーシップを発揮した鳩山首相』
  日経BPネット(2009年10月6日)


一部の報道によれば、この鳩山首相の演説の後
国連の日本人職員は職場で
非常に、誇らしい思いをしたと聞きます。

日本の首相は、あんなことを言ってたね......と
各国の職員から賞賛を浴びたからですね。

それくらい、世界受けが良かったのは当然で
これまで先進国と、途上国との
削減枠の押しつけ合いに終始していた
温暖化問題について、国際世論や利害関係はともかく
具体的かつハードルの高い数値目標を設けての主張は
EUですら、出していなかったであろうからです。

温室効果ガス削減について
急務であることは、疑いの余地がありませんが
当初、私個人としては
国内世論の下準備(ロードマップなど)を作ってから
国際公約とした方が良かったのでは?
時期尚早では?――と思っていました。

しかしながら、大前さんのコラムを読むにつれ
あえて高いハードルに挑むところに
国際競争力が生まれることを期待していたとすれば
あの国際公約は、時期尚早どころか
絶好の機会であったことを認識いたしました。



『日・シンガポール首脳会談 日本の温室効果ガス25%削減策に関心』
  EICネット(2009年10月6日)


『稲盛和夫氏:25%削減目標「克服する勇気が必要」』
  毎日新聞(2009年10月6日23時34分)


『研究報告:電力業界 気候変動対策で800万の雇用を創出』
  日刊 温暖化新聞(2009年10月7日)


『25%削減は挑戦的だが実現可能 日本は強い政策で技術伸ばせ』
  ECO JAPAN(2009年10月7日)


『先進国には、やはり責任がある』
  日経ビジネスオンライン(2009年10月7日)


なんとしても、このブレークスルーを果たしたいものです。

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

「国際会計基準」

最近、気になるキーワードです。


『IFRS 国際会計基準フォーラム』
 @IT


私自身、上位のシステムに
携わっているわけではないので
直接的な影響はないと思いますが
これに伴って、ネットワークの構成変更があると
動きがあるかも知れません。

あと2~3年をメドに導入となると
企業として、マイルストンを組み始める時期に
差し掛かっているのでしょうね。

この流れに懐疑的な見方もあるようですが
念のため、予習しておかないと......。

  

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

少しだけ、できることを始めたくなりました。

日比谷公園で昨日から開催されていた
「グローバルフェスタ2009」に行ってきました。

国際協力をコンセプトに、政府や国際機関
NGOなどの活動を楽しみながらも
広く知ることができる、非常に意識の高い場。

国際協力は必要と思っていても
普段なかなか、その現場を知ることはできませんから
こういう時がチャンスなんですよね。

PKOの一環として、内閣府が
必要に応じて、海外の難民向けに送っている
テント(蚊帳付き)や浄水器なんて、初めて見ましたし
また別のブースでは、外務省や環境省といった
政府機関が進めている施策の現場を
垣間見ることができました。

メインステージでは、地球兄弟プロジェクトを行っている
ミュージシャンの河口恭吾さんがライブを
外務省の地球サポーターの知花くららさんが
トークショーを行っていました。

やっぱり、援助の現場を見ている方のコメントは貴重ですね。

とりわけ、援助を必要とする国について
その歴史を知る必要があるというお話には
なるほどと気付かされました。

やはり、その国の発展を阻害してしまった
かつての政権や戦争などが
現在の貧困や、社会問題に至っているわけです。

現地のためにも、これからの私たちのためにも
援助を通じて、悪しき過去に学ぶことは
必要なことなのでしょうね。


『「地球サポーター」知花くらら「日本は恵まれているんだな…」』
  日テレNEWS24(2009年10月4日14時04分)

 

それにしても、こういったイベントに来るたび思うのは
若い方(恐らく学生の方)、そして女性が本当に多いんですね。
(知花さんも仰ってましたが......)

私が、彼らくらいの年代の頃は
国際協力なんて、考えもしなかったのに......
意識の違いを感じます。

国際協力も、まず人の交流ありきですから。

若い世代と女性にとって、活躍する舞台は
広がっているということでしょう。

091004_134202 さて、今回の会場である日比谷公園は
花好きの私にとって、本来の魅力がありまして
それは、秋バラが咲いているということ。

多くの人が群がるテントの脇に
何種類ものバラが咲いていたことに
みんな気付いていたでしょうか?

 

普通に撮っても、きれいなバラですが
これに虫が写り込んでいたりすると
より動的な一枚になりますよね。

091004_133101 091004_134201  

 
 
 
 
 
 
 

たまたま飛んできてくれたトンボと
たまたま休んでくれていたカマキリに感謝!です。

カマキリはシーズンオフのはずですが
大丈夫なのでしょうか??
 

 

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧