2010年1月 7日 (木)

Kindle DXがリリース

Apple発のタブレットが真実であるならば
このハードの発表は、最適なタイミングと言えるかもしれません。


『Amazon、9.7インチ「Kindle DX」を日本を含む世界100カ国以上で発売へ 』
  ITpro(2010年1月7日)


もっとも、アプリとしてのKindleは
iPhone版、PC版ともリリースされているので
Amazonが提供するサービス全体としては
より広がりを見せることになるでしょうけど。

ディスプレイ部が従来型と比べて
2.5倍も大きくなったのは点はもちろん
PDF閲覧や自動回転をサポートも
ユーザにとって嬉しいことです。

端末が大きくなるのは
嬉しいことか分かりませんけど。

せっかくなので、日本語コンテンツもサポートしてくれると
購買意欲が湧くのですが......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水)

Google開発のスマートホン「Nexus One」

Googleが自社開発のスマートホンを出してきました。

iPhoneの有力なライバルとも目される
Googleのスマートホンは、レビューによれば
かなり好評のようです。


『Nexus OneがVerizonとVodafoneにも対応, それは単一機種の名前ではなく将来の多様なシリーズ製品の総称だ』
  TechCrunch(2010年1月6日)


『「Nexus One」と「iPhone」、より惹かれるのはどっち?』
  CNET Japan(2010年01月06日13:34)


『米グーグルが独自ブランド携帯電話を発表、投資家は様子見』
  ロイター(2010年1月6日14:06)


『フォトレポート:グーグル、「Nexus One」イベントを開催--発表とデモの様子を写真で紹介』
  CNET Japan(2010年1月6日15:44)


『Google、Android携帯電話「Nexus One」を発売、アンロック版は529ドル 』
  ITpro(2010年1月6日)


『Google Nexus One(ネクサス・ワン)ついに発表―TechCrunchが詳細レビューをお届けする』
  TechCrunch(2010年1月6日)


外観はiPhoneと同じくらいに映りますが
やや軽い作りになっています。

それ以上に注目すべきなのは、やはりハード面でしょう。

CPUに1GHzのSnapdragonが搭載されているため
複数アプリを同時に実行が可能であり
3Dグラフィックの表示もスムーズであるとか。

この点においては、iPhoneも適いません。

一方で、消費電力の大きさに難点があるようですが......。

とはいえ、Androidのパフォーマンスを自ら
限りなく引き出すことに成功した端末と言えそうです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火)

アップル製のタブレットの正体は

新年早々、ホットな話題を提供してくれたのは
やはり、Appleでした。


『クールすぎるAppleタブレットの動画』
  WIRED VISION(2009年12月15日)


『Appleタブレットは「触覚フィードバック付き」で来年発売?』
  WIRED VISION(2009年12月25日)


『Apple の新型タブレットをめぐる噂が続々と浮上』
  japan.internet.com(2009年12月29日11:50)


『グーグル元幹部、アップル製タブレットの1月発表を明かす--米報道』
  CNET Japan(2010年01月04日11:11)


『Appleは初年度1000万台? タブレットが切り開く世界』
  マイコミジャーナル(2010年01月05日)


『アップル製タブレット、3月から出荷開始か--WSJ報道』
  CNET Japan(2010年01月05日09:06)


『米アップル、1月中にタブレット端末発表へ=報道』
  ロイター(2010年01月5日09:24)


『Apple、うわさのタブレットを3月に出荷へ、WSJが報じる』
  ITpro(2010年01月05日)


昨年の後半から、憶測混じりに報道されていた
Apple製のタブレットについて
今月中にも正式に発表し、3月にも販売との見方が有力のようです。

10~11インチのタッチスクリーンということですから
A4サイズくらいのiPhone(もしくはiPod Touch)を
イメージすれば良いのでしょうか。

そのUIの大きさから、電子書籍や新聞などはもとより
動画コンテンツは格段に見やすくなるでしょうし
メモやイラストといった場面に用いるであろう
手書き入力の簡便性にも期待が高まります。

ピンチ、フリップといったアクションの他
MacBookのように三本指を使った
マルチタッチ操作が含まれる可能性もあるでしょう。

あとは、バッテリの駆動時間と重さが気になるところですが
憶測に憶測を重ねても仕方ありませんので
公式発表まで、しばらく待つとしましょうか。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

iPhone3GSを買うべきでないポイント

昨日の「iPhone3GSを買うべきポイント」に引き続き
今日は「iPhone3GSを買うべきでないポイント」を
挙げてみようと思います。

買うべきポイントについては
昨日の記事をご覧下さい。


■iPhone3GSを買うべきでない5つのポイント

1.カメラ

一見、使いやすそうな画面タップ式の
オートフォーカスですが
枝先に咲く花にピントを合わせようとすると
ほぼ間違いなく、その背景に
ピントがあった写真ができあがってしまいます。

写真のファイル名はケータイの場合
撮影した日時が参照されるのが一般的。

しかしiPhone3GSでは、通し番号で
ファイル名が決まってしまうため
後から管理がしづらいという点も残念です。

また、これは欠点というより
iPhone3GSのカメラの個性の話になりますが
ラティチュードが狭く、補正露出などの機能も無いため
よほど意図しないと、きれいな写真は撮りづらいでしょう。

 

2.電話

順調に契約純増数を増やし続けているSoftBankですが
その拡大に、インフラが追いついていないとの噂は
あながち間違っていないように思えます。

キャリアごとの周波数帯や、利用者数との相関を抜きに
論じることは難しい問題ではあるものの
私が、これまで利用していたauケータイと比べて
電波が入るか否かを確認したところ
建物の中や、地下に入ってしまうと
NGとなるケースが目立ちます。

これはiPhone3GSとしての欠点というより
SoftBankとしての欠点になりますが
電話として利用する以上、キャリアのインフラ整備も
その利便性に関わってきますよね。

 

3.電池の持ち時間

電話、iPod、Webアクセス、GPSを利用した地図サービス
――など、機能の豊富さが電力消費に比例するのは
やむを得ないのかもしれません。

それにしても、もう少し電池の容量が持たないモノかと......。

私の場合、通勤・帰宅時に
合わせて4時間ほど曲を聴きながら
メールチェック、ニュースチェック、Webアクセス。

日中は15分ごとにメール受信、WiFi接続はOFFに設定にしており
ほとんど電話は使っていません。

こんな使い方で、1日1回~2回の充電は怠れません。

すると、電池自体の寿命も速いのでしょうね。

 

4.連絡先

いわゆるアドレス帳です。

些細なことかもしれませんが
ケータイで可能なグループ分け表示ができず
五十音順でしか表示できません。

これまで、いくつかのグループに
それぞれ別の「山田さん」がいたとしたら
移行後は、どの「山田さん」から電話がかかってきて
どの「山田さん」に電話をかけるべきか
迷うことになるでしょう。

 

5.文字入力時のカーソル移動

文字入力そのものに関しては便利です。

ケータイと同じような文字配列から
入力することができますし
PCのキーボードのような文字配列を選んで
ローマ字入力もできます。

しかし、どちらにしても十字キーのような
カーソルを移動させる手段は無く
画面をタッチすることで、その操作を果たすわけです。

これも便利そうですが、やってみると難しいもので
特定の場所をタッチしたつもりでも
少しズレた、こちらの意図しない位置に
カーソルが動いていることがほとんど。

書いた文章を途中で修正しようとしても
一向にうまくいかず、結局バックスペースで全て消して
書き直したことは、一度や二度ではありません。

 

――というわけで、実際にiPhone3GSを使ってみた所感を
2日間連続で書かせていただきました。

すでにiPhone3GSをお持ちの方には
共感いただけるところもあったかと思いますし
逆に、取り上げるポイントが違う!!といったご指摘も
もしかすると、多くあるかもしれません。

求める理想や期待は、それぞれ違うものですから
その違いを楽しんでいただければと思いますし
iPhone3GSをお持ちでない方であれば
よほど、既存のケータイの方が使い勝手が良いことに
気付かれるかもしれませんね。

ともあれ、こちらをご覧になっている方々の
一助となれば幸いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

iPhone3GSを買うべき5つのポイント

実は先月の上旬、iPhone3GSを手に入れました。

これまで10年以上、お世話になったauに別れを告げ
ナンバーポータビリティを利用して
SoftBankに乗り換えたのです。

電話としてのauに、特別の不満があったわけではありません。

しかし、Webアクセスを前提に考えると
かねてから不便さを感じており
この点に優位性があると、鳴り物入りで登場した
iPhone3GSに落ち着いたのでした。

かくして、私もSoftBankの純増に
影ながら貢献した一人となったわけですが
1ヶ月も使ってみると、移行したメリットも享受しつつ
やはり、日本のケータイの方が
優れていたなと感じる機能があることにも気付き始めます。

各種、料金的なプランなどは
キャリアのホームページを見れば一目瞭然。

機能についても、メーカーのホームページを見れば
どのようなことができるのか、想像できそうなものですが
こればかりは、実際に使ってみないと分からないものです。

というわけで、私がiPhone3GSを使ってみて分かった
「iPhone3GSを買うべき5つのポイント」と
「iPhone3GSを買うべきでない5つのポイント」を
今日と明日の2日間に分けて
それぞれ挙げていきたいと思います。

あくまで、私の主観ではありますが
まだ購入を迷っている方も多いと思いますので
そういう方の参考になれば幸いです。


■iPhone3GSを買うべき5つのポイント

1.Webアクセスにネイティブ

一般的なケータイであっても、PCからアクセスする
Webページを閲覧することは可能です。

しかし、使い勝手の良さとは程遠いのが実状かと......。

私はGoogleサービスの多くを日常的に活用しており
ケータイでは、限定的な使い方しかできなかったことに
大いに不満を抱いていました。

iPhone3GSはWebアクセスを前提に
多くの機能が盛り込まれていますし
もちろん、Apple製ブラウザのSafariを利用して
一般的なPC用サイトにもアクセスできます。

惜しむらくは、Flash部分を閲覧できない点ですが
それ以外の多くは制約無く
おかげで、PCとiPhone3GSから
スケジュールやメールも一元管理できるようになりました。

 

2.操作性

「ピンチ」や「フリップ」といった言葉は知らなくても
iPhone3GSのTVCMなどを見たことがあれば
その独特かつ直感的な操作をご存じでしょう。

タッチパネルの便利さは、さることながら
実際に使ってみると、これらの操作機能は
本当にありがたいものです。

Webやメールなどを閲覧している最中に
本体を横に傾けると、それに合わせて
画面も横向きになってくれるのも嬉しいですね。

こうしたユーザインターフェイスは
ハードウェアと、ソフトウェアという
異なるシステムの連携となるため
意外にハードルが高いものですが
やはり、そこはApple製品だなと感じます。

 

3.アプリの豊富さ

iPhone3GSがスマートホンとはいえ
出荷状態のままでは、持ち味を
十分に享受できないのではないかと思います。

それを発揮するのが、数多くのアプリではないかと。

ニュースサイトが提供しているアプリは
配信しているニュースを
金融系企業が提供しているアプリは
株価や為替の値動きを
追うことができるようになります。

twitterのクライアントアプリが
いくつも登場している点も見逃せませんね。

冗談のようなアプリがあることは
認識されている方も多いと思いますが
iPhone3GSのデフォルト機能を補完してくれるような
ありがたいアプリがあることもまた事実です。

 

4.iPod

iPhoneそのものが、iPodから出発したものですから
当然ながら、その機能も余すことなく使えます。

曲を聴きながら、Webブラウズや
メールチェックができるのは便利ですね。

TVCMではありませんが、途中で電話がかかってくると
ちゃんと切り替わって着信音が流れて通話できるのも
当たり前の話ですが、目の当たりにすると
良くできてるなぁと実感させてくれます。

 

5.メールの閲覧

SoftBankアカウントのメールが閲覧できるのは当然ですが
GmailやYahoo!mailなど、それ以外のメールも
アカウントを追加することで
送受信できるようになるのは非常に便利です。

もちろん、HTMLメールも問題なく閲覧できますし
表示が小さなと思ったら、「ピンチアウト」の操作で
拡大表示することもできるわけです。

惜しむらくは、私の使っているGmailアカウントは
最短15分に1回しか、受信サーバと同期を取ってくれないため
リアルタイムのやり取りが難しいこと......。
(Yahoo!mailなどはリアルタイムOKらしいですよ)

それでも、Gmailで設定したラベルや
下書きメールも一緒に同期していますので
こちらも一元管理できるようになっています。

メール送信に際して、件名や本文を書く時は
キーボードも現れてくれますよ。

 

――というわけで、参考になりましたでしょうか?

「iPhone3GSを買うべきでない5つのポイント」は
明日、書きます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

AmazonのKindle

コンテンツを有する企業などは
この次世代型の媒体を
積極的に活用してみても良いのではないかと思います。


『アマゾン、「Kindle for PC」アプリケーションを11月に公開へ』
  CNET Japan(2009年10月23日11時03分)


『届いた!開けた!--日本から注文した「Amazon Kindle 2」開封の儀』
  CNET Japan(2009年10月23日12時49分)


Amazonが開発したKindle。

端末としてのKindleだけでなく
すでに、iPhoneアプリとして提供され
11月にはWindows版も提供される予定だとか。

USのAmazonでのみ販売されているようで
コンテンツも、英語が中心となりますが
逆に言えば、日本のコンテンツを
世界に浸透させるチャンスでもあると思うのです。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7へ乗り換えるには

個人的には、冷めた目で見ていますが
やはり、売れているようですし
Vistaからの乗り換えメリットも大きそうですね。


『XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル』
  @IT(2009年9月24日)


『Windows 7 これさえ見れば全部わかる!』
  ASCII.jp(2009年10月22日 16時09分更新)


『ウィンドウズ7 CEO「より簡単に、より速く」』
  朝日新聞(2009年10月23日10時48分)


『Windows7購入に関して知っておくべき7つのポイント』
  WIRED VISION(2009年10月23日)


『グーグルのOSなんて怖くない--Windows 7に自信を見せるマイクロソフト』
  CNET Japan(2009年10月23日12時49分)


Windows7への期待......というよりも
Vistaの完成度が、あまりにも低かったため
移行せざるを得ないというのが
本音ではないかと勘ぐってしまうのは
Vista被害者の私だけでしょうか??

さて、Windows7への移行は、Vistaからは
直接アップデートできるものの
XPからは、一度フォーマットをした後に
Windows7をインストールする必要があるとか。
法人ユーザの多くは
まだ、XPを使っているのではないかと思います。

既存システムや、取引先とのデータ互換
さらには移行コスト、リスク評価を考えると
積極果敢な企業でなければ、現状の経済情勢を鑑みても
今すぐの乗り換えは避けるというのが人情でしょう。

3Dの動作が速いのは結構ですが
起動も速いと言うことのないOSなんでしょうけど......。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

Windows7にするか、Snow Leopardにするか

明日、10月22日のWindows7発売を前に
Appleが、4モデルの新製品をぶつけてきましたね。


『Want To Run Windows 7? Buy A Mac』
  Forbes.com(2009年10月20日17時30分)


『Windows 7は何がよいのか? 』
  ASCII.jp (2009年10月21日06時00分)


『「Windows 7」VS「Snow Leopard」パフォーマンス比較--新OS対決を制したのは』
  CNET Japan (2009年10月21日07時30分)


『iMac、MacBook、Mac mini これが冬商戦Macだ』
  ASCII.jp (2009年10月21日12時16分)


それぞれのOSをベンチマークで比較している
記事によれば、3Dに関する性能は
Windows7の方が、Snow Leopardよりも
上回る結果が出ています。

一方、起動速度やバッテリ持続時間については
Snow Leopardが優勢のようです。

しかし、Vistaに泣かされたユーザとしては
あながち簡単に、Windows7へ
乗り換える気にもなれないんですよねぇ。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

iPhone3GSが欲しくなっています。

すでに、ユーザとなっている方からすれば
今さらかも知れませんが
最近、気になる存在......というよりも
かなり、購入意欲が高まっています。


『iPhoneとAndroid、どっちを使う?(続々々) 』
  ASCII.jp (2009年10月07日9時00分)


『楽しい使い方は現在模索中の「セカイカメラ」』
  ASCII.jp (2009年10月07日12時00分)


『自社コンテンツは「iPhone 3GS」ユーザーに届いていますか?』
  CNET Japan (2009年10月8日19時13日)


個人的に、いわゆる日本の「ケータイ」と
Webとの親和性について
疑問が解消されないままであったことが起因しています。

私は現在、Webベースで
メール、スケジュール管理
情報収集・発信などを行っています。

ケータイでも、上記のWebを
閲覧できる場合もあるのですが
あくまで、おまけの機能であって
使い勝手に優れず、一元管理しづらい
状況に、ストレスを感じていました。

iPhoneであれば、Webの活用を
そもそも想定しており
個々のアプリによって可用性を高め
だいぶ、そのプラットホームも整備が進んだようですので
購入を前向きに考えるようになっています。

もちろん、その他の拡張機能をもたらし
アプリが多いのも好印象です。
(この辺りの印象が、Androidとの違いではないかと)

auには、10年以上お世話になっていました。

キャリア主導の端末開発が
時代と、ユーザの要求に
応えられなくなってきたということかもしれません。

唯一、心配しているのは
iPhoneのキャリアが、ソフトバンクということで
......お願いします、としか言いようがありません。


『iPhone―携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。』
  アップル

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

カスペルスキーを使っています

そろそろ、セキュリティソフトの2010年版が
ラインナップされる時期となりましたね。


『3億人があなたを守る! カスペルスキー最新版の強みとは』
  ASCII.jp(2009年10月10日18時00分)


数年前から、自宅PCのセキュリティソフトは
このカスペルスキーを利用しています。

セキュリティソフトは、ややもすると
その機能性が、PC全体の動作を重くしてしまい
非常に、ストレスを感じていたところに
「更新頻度」と「軽さ」を売りに
ジャストシステムが、カスペルスキーを
市場に投入してきたため、使い始めたのでした。

さすがに、アップデート時や
スキャン実行時には、特有の重さを感じますが
通常、PCに向かっている最中は
その存在を意識することなく
快適に使わせていただいています。

個人的には、信頼をしているセキュリティソフトですので
間違いなく2010年版に関しても、お世話になる予定です。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧